top of page

JSPEN2023の報告


弊社より千葉、朝倉の2名が日本臨床栄養代謝学会JSPEN神戸で発表してきました。


最新の臨床栄養を学び、利用者の皆さまへ還元します。


まだ、在宅領域はとても範囲が狭いところではありましたが、驚いたことがありました。


それは、メーカー・企業がこれから在宅に力を入れたいということがわかったことです。


メーカーの協力があるとその分野はとても大きく伸びてきます。これまでも医薬品や食品などの開発は病院を主体に行われてきましたが、急速に発展してきた背景に企業メーカーの開発研究協力があったからだと思います。


弊社にも早速多くの問い合わせをいただいております。少しでも社会に役立つ看護の会社として頑張ります。

閲覧数:274回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page